トップ  > お知らせ  > 専門家に相談できるサービス

専門家に相談できるサービス

共進情報事業協同組合では、会員の皆さまに対して
   「専門家に相談できるサービス」を行っております



 皆さまからよくある質問に関して、専門家の回答をご用意してます。
 

 
 


 

  • 専門家相談について

税理士・行政書士・社会保険労務士の専門家による回答をご用意しております。当組合の会員様につきましては、回答いただきたい内容をお知らせいただければ、無料で提供致します。

よくある質問に関しては、随時追加していく予定です。

 

なお、もっと聞いてみたい、ここには無い相談がしたい場合は、事務局までご連絡ください。相談したい内容をお電話でお聞きした上で、専門家相談の予約を承ります。

 

  • ご利用いただける方

共進情報事業協同組合の組合員のみなさま

 

  • 相談方法
   お問い合わせフォームより、回答が知りたい質問番号をお知らせください。

お問い合わせフォーム 

 

 



 


 
  •  よくある質問
税理士・社会保険労務士・行政書士の分野で多く寄せられているご質問をまとめております。


 各専門家ごとのリンクはこちらから

   □税理士  

   □社会保険労務士  

   □行政書士
 

 
すべてのよくある質問
【 税理士 】
  1. 会議費、福利厚生費、交際費の違いは?
  2. 会社にかかる税金は?
  3. 会社設立に必要な資本金はいくらがいいでしょうか?
  4. 会社設立に必要な人数
  5. 会社設立の際の消費税控除はどうなりますか? 
  6. 会社設立前の費用はどうしたらよいでしょうか?
  7. 決算で赤字の場合、翌年以降の黒字で補填できるのか?
  8. 決算期はいつにしたらよいでしょうか?
  9. 個人事業から法人化へ切り替える目安はありますか?
  10. 個人事業と法人の違いはなんでしょうか?
  11. 交際費が経費になる額は?
  12. 税務関係の書類の保存期間は?
  13. 青色申告と白色申告の違いは?
  14. 税務調査とは?
  15. 税理士と公認会計士の違いはなんですか?
  16. 決算が赤字でも税金を払わないといけないのですか?
  17. 損益通算とはなんでしょうか?
  18. 法人化のメリットは何でしょうか?
  19. 役員報酬はどうやって決めたらよいでしょうか?
  20. 領収書がもらえない場合はどうしたらよいでしょうか?
  21. 領収書はレシートでもいいのでしょうか?
  22. 領収書は上様でもいいのでしょうか?




【 社会保険労務士 
 

  1. 社会保険、労働保険等、法人で加入しなければならない保険の要件は?
  2. 法人の会社ですが、社員がいません。社会保険の加入はどうすればよいでしょうか?
  3. 労災が起きました、申請や今後の対応についてどうしたらよいでしょうか?
  4. 業務上の労災の場合、災害発生の日の賃金をどのように支払えばいいでしょうか?
  5. 社員が勝手に労災の給付の申請を行った場合どうしたらよいでしょうか?
  6. 試用期間中で本採用をしない場合も、解雇予告手当が必要でしょうか?
  7. 就業規則、その他規程を従業員にどのように周知したらよいでしょうか?
  8. 30時間未満のパートさんでも雇用保険に加入させないといけないでしょうか?
  9. 社長自身も現場で作業する場合、労災の加入はできるのでしょうか?
  10. 個人で仕事を請け負う建設業の一人親方が入れる保険はありますか?
  11. 資格取得届を提出するのを忘れていた場合、いつから被保険者になるのでしょうか?
  12. 兼務役員の場合の雇用保険はどうしたらよいでしょうか?
  13. 算定基礎届の定時決定時調査とはなんでしょうか?


 



【 行政書士 

  1. 行政書士には何を依頼できるのですか?
  2. 取引先の代金請求を行政書士に依頼出来ますか?
  3. 助成金と補助金の違いは?
  4. 助成金の申請をお願いしたいです。どうすればいいですか?
  5. 補助金の申請をお願いしたいです。どうすればいいですか?
  6. 帰化申請とはなんですか?
  7. 観光ビザで来日している人に仕事をしてもらっていいですか?
  8. 外国人留学生をアルバイト雇用します。注意点は?
  9. 在留資格にはどのような種類があるのですか?
  10. 在留資格によって仕事ができない場合はありますか?
  11. 技能実習生として来日している外国人をアルバイト雇用していいですか?
  12. 日本に永住したい外国人はどのような手続きが必要ですか?
  13. 日本国籍を取得するにはどうすればいいですか?
  14. 日本で就労している外国人が日本国籍を得て永住するにはどうすればいいですか?
  15. 駐車違反で違反切符を切られました。帰化申請できますか?
  16. 日本人と外国人が婚姻する場合に法的に気をつける点はありますか?
  17. 父親が日本人で母親は外国人です。子供の国籍は?
  18. 遺言書は誰でも作成できますか?
  19. 遺言書に種類があるのですか?
  20. 高齢で認知症の親が遺言書を書きたいといっています。どうすればいいですか?
  21. 遺言で財産を親族以外に贈与したいと思います。どうすればいいですか?
  22. 資産を贈与する場合と、遺贈する場合、どちらがいいですか?
  23. 夫婦で一通の遺言書を作成することはできますか?
  24. 以前書いた遺言書を修正したいと思います。どうすればいいですか?
  25. 財産なんてほとんどありません。遺言書は不要ですか?
  26. 遺言書に書かなくてはいけない事項は何ですか?
  27. 遺言書に書いてはいけない事項はありますか?
  28. 遺言執行者とは何ですか?
  29. 遺産分割協議とは何ですか?
  30. 許認可は相続できますか?
  31. 許認可が必要な事業とは何ですか?
  32. 許認可を得た会社を移転します。何か届け出は必要ですか?
  33. 許認可を得た事業を廃業します。何か手続きはありますか?
  34. 複数の許認可事業を一つの会社で経営できますか?
  35. 許認可を得た事業をMAで売却します。なにか問題はありますか?
  36. 許認可事業をMAで取得します。手続きなど必要ですか?
  37. 建設業を始めようと思います。許認可は必要ですか?
  38. 建設業許可は誰でも受けられますか?
  39. 建設業の許認可申請に必要なものはありますか?
  40. 建設業の許認可にはどのような種類があるのですか?
  41. 建設業の許認可申請は会社の所在地ですか?
  42. 建設業の許可には有効期間がありますか?
  43. 建設業の許可の業種を追加したいのですが、どうすればよいでしょうか?
  44. 建設業の許認可を譲渡することはできますか?
  45. 建設業で吸収合併した場合、許認可はどうなりますか?
  46. 電子申請(官公庁での入札参加)とはなんですか?
  47. 一人親方で建設業の許認可を得られますか?
  48. 建設業の一人親方から法人化しようと思います。注意点は?
  49. 建設業の一人親方で出来る事業と出来ない事業はありますか?
  50. 一人親方の許認可は相続できますか?

 

 

メールマガジン ご登録はこちらから

フェイスブックページはこちらから

すまっぽん登録はこちらから

労災上乗せ保険はこちらから

建設業一人親方会はこちらから



バナーを貼って
「共進情報事業協同組合」を応援してくださいね(注意事項はこちらから)

 


このホームページは、
『 コミュニケーションブログ COMLOGを使ってます

☝お試しはこちらから